› 水とみどりの森の駅ブログ › 鳥川ホタルの里(ホタル学校) › ホタル学校「植栽プロジェクト」始動!

2013年03月05日

ホタル学校「植栽プロジェクト」始動!


ホタル学校は、豊かな自然に囲まれ、多くの昆虫や野鳥が生息・生育していますが、ホタル学校の敷地ではあまり見ることができません。そこで、昆虫や野鳥を誘導できるような植栽を行い、四季を通じて様々な生き物が訪れる「昆虫・野鳥の園」を目指し、校庭周辺に3種類の樹種を植えました。
※鳥川ホタル保存会の今泉会長さん(写真左)も植栽作業に参加してくださいました!


植栽樹種については、チョウの吸蜜、実が野鳥の餌となるもののほか、チョウの幼虫が食するものなどを選定します。また、間伐木や木チップなども利用し、昆虫の棲家とするなど、今後、四季折々に昆虫や野鳥と出会える施設の創出を目指していきます。今回植えた樹種は「モチツツジ」20本、「ウツギ」20本、「コバノガマズミ」5本の計45本です。


◆モチツツジ…4~5月に美しい花が咲きます。


◆ウツギ…5月頃に白い花を付け、良い香りがします。蜜も沢山出すので、昆虫が群がります。


◆コバノガマズミ…4月から5月にかけて白い花を咲かせ、秋には赤い果実を付けます。


ホタルだけでなく、色んな生き物を見つめながら、岡崎の自然の豊かさを感じていきたいと思いました。それぞれの樹種が花を付ける頃、ぜひ「ホタル学校」へお越しになってください!

※今回、苗木は緑化推進用として岡崎市役所の都市整備部公園緑地課様より支給していただきました。誠にありがとうございました。


撮影日  平成25年3月5日(火)
撮影場所 ホタル学校(鳥川町)にて
投稿者  やまのうち


ふたば 自然との共生を「ホタル」を通して考えましょう! ふたば



同じカテゴリー(鳥川ホタルの里(ホタル学校))の記事画像
冬空の下に広がる絶景!音羽富士トレッキング
「ホタル学校だより」第12号を発行しました!
カワニナの増殖と飼料開発のポイント
エコな「書道作品」展示中!
第2回「河合ホタルサミット」開催レポート
森と私たちの暮らしの関係を学ぶ!豊富小学校で出前授業を実施
同じカテゴリー(鳥川ホタルの里(ホタル学校))の記事
 冬空の下に広がる絶景!音羽富士トレッキング (2017-01-30 14:47)
 「ホタル学校だより」第12号を発行しました! (2017-01-29 11:05)
 カワニナの増殖と飼料開発のポイント (2017-01-28 07:42)
 エコな「書道作品」展示中! (2017-01-27 09:23)
 第2回「河合ホタルサミット」開催レポート (2017-01-26 14:47)
 森と私たちの暮らしの関係を学ぶ!豊富小学校で出前授業を実施 (2017-01-20 09:15)

Posted by 岡崎市環境部環境政策課 at 17:00 │鳥川ホタルの里(ホタル学校)