› 水とみどりの森の駅ブログ › 鳥川ホタルの里(ホタル学校) › 鳥川ホタルの里の山歩きイベントを開催しました!

2012年10月28日

鳥川ホタルの里の山歩きイベントを開催しました!


平成24年10月27日(土)、毎年恒例となりました「鳥川ホタルの里の山歩きイベント」が開催されました。昨年は台風の影響で開催日が順延となりましたが、今年は晴天にも恵まれ、過去最高となる160名を超える参加者の方々がホタル学校に集いました。(スタッフを入れると185名!)はじめに、鳥川ホタル保存会の今泉会長さんからご挨拶をいただき、続いて豊富小学校の竹内先生ご指導による準備体操、そして山歩きの注意事項などが説明され、いよいよ出発です。

※4コース(難易度1~4まであり)あるので、それぞれの体力に合わせてエントリーできます。


コースの途中では、鳥川町の名所旧跡についての解説などもあり、山歩きにプラスしてホタルの里の歴史や文化にもふれることができる楽しい企画となっています。(写真は一番難易度の高い「ホド田山・音羽富士コース」)


山に入ると急にコースは険しくなります。鳥川の山々はかなり高低差があるので、なかなか歩き応えがあると思います。途中には大きな木が倒れていたり、かわいい昆虫がいたり、巨石が道をふさいでいたりと、歩き手を飽きさせることがありません。さぁしっかり汗をかいて頂上を目指しましょう!


向こうに見えるのが「音羽富士」です。今立っている所から音羽富士の山頂を目指します!ここに来ると、「難易度4」の意味がようやく理解できます。正直あの山の頂上までいけるのやら…!? でも苦しくても、以外と前を歩く人に引っ張られながら歩けるものです。不思議な力ですよね。


各コースとも頂上を制覇し、ホタル学校に近づく頃、平成の名水百選に選ばれた湧水の一つ「ふないどの水」で一休みです。ホタル学校で新品のペットボトルをもらったので、それに名水を注いでグイッと飲み干します。乾いた体に鳥川の大地がつくり出した水がしみわたっていきます。ゴールのホタル学校はもうすくです。


ホタル学校に到着すると、時計はすでに正午を回っています。最後のお楽しみは鳥川特製のモツ汁です。これまた疲れた体に赤味噌のモツ汁がおにぎりと一緒に胃袋を満たしてくれます。(特製の生茶も無料で試飲できます!)毎年参加してくださっている方は「これがあるから鳥川の山歩きイベントは最高だね!」と言ってくれます。何はともあれ、事故や怪我もなく全員無事に山歩きを終え、鳥川ホタル保存会の皆さんも一安心です。「また来年も来るでね!」そう言ってくださる皆さんの笑顔に支えられます。

鳥川ホタルの里の山歩きコースは、鳥川ホタル保存会のホームページで詳しく紹介されていますのでぜひチェックしてみてください。また、ホタル学校にお越しいただければ、スタッフがコースや見どころをご紹介いたします。これからも、ぜひ鳥川ホタルの里にお越しいただき、天然のゲンジボタルを育む鳥川の自然を体感してください!

◆鳥川ホタル保存会ホームページ
http://www.oklab.ed.jp/tokkawa/


撮影日  平成24年10月27日(土)
撮影場所 鳥川ホタルの里・ホタル学校(鳥川町)にて
投稿者  ホタル学校スタッフ


ふたば 自然との共生を「ホタル」を通して考えましょう! ふたば



同じカテゴリー(鳥川ホタルの里(ホタル学校))の記事画像
冬空の下に広がる絶景!音羽富士トレッキング
「ホタル学校だより」第12号を発行しました!
カワニナの増殖と飼料開発のポイント
エコな「書道作品」展示中!
第2回「河合ホタルサミット」開催レポート
森と私たちの暮らしの関係を学ぶ!豊富小学校で出前授業を実施
同じカテゴリー(鳥川ホタルの里(ホタル学校))の記事
 冬空の下に広がる絶景!音羽富士トレッキング (2017-01-30 14:47)
 「ホタル学校だより」第12号を発行しました! (2017-01-29 11:05)
 カワニナの増殖と飼料開発のポイント (2017-01-28 07:42)
 エコな「書道作品」展示中! (2017-01-27 09:23)
 第2回「河合ホタルサミット」開催レポート (2017-01-26 14:47)
 森と私たちの暮らしの関係を学ぶ!豊富小学校で出前授業を実施 (2017-01-20 09:15)

Posted by 岡崎市環境部環境政策課 at 10:00 │鳥川ホタルの里(ホタル学校)