› 水とみどりの森の駅ブログ › 鳥川ホタルの里(ホタル学校) › 鳥川ホタルの里「トヨトミ梨」の花が満開!

2013年04月06日

鳥川ホタルの里「トヨトミ梨」の花が満開!

鳥川ホタルの里(鳥川町)にある「トヨトミ梨」の花が満開になりました。
トヨトミ梨は、岡崎市指定の天然記念物で、野生梨の一種で全くの固有種です。よって野生のトヨトミ梨は世界でたった1本しかないという、とても珍しい木です。




かつて樹齢300年を超える大木(下の写真)でしたが、昭和34年の伊勢湾台風で幹が枯れてしまいました。しかし、根元から枝が伸び、現在のトヨトミ梨となり、復活したのです。現在のトヨトミ梨も、平成21年の台風18号で根元から倒れ、枯死寸前でしたが、奇跡的に復活をしました。



秋に小さな実をつけますが(下の写真)、渋くてとても食べられないので「石梨」とも呼んでいます。現在は、この実から育てた苗木が岡崎市内を中心に数十本育てられており、子孫が元気に育っています。ホタル学校にあるのもそのうちの一本です。

実をつけたトヨトミ梨
ホタル学校にある子孫

ホタルを育む山里の時の流れを見守り続けた「トヨトミ梨」。私たちに季節を告げる一つの存在として、いつまでも元気に成長を続けてほしいと願うばかりです。


撮影日  平成25年4月5日(金)
撮影場所 鳥川ホタルの里(鳥川町)にて
投稿者  ホタル学校スタッフ


ふたば 自然との共生を「ホタル」を通して考えましょう! ふたば



同じカテゴリー(鳥川ホタルの里(ホタル学校))の記事画像
冬空の下に広がる絶景!音羽富士トレッキング
「ホタル学校だより」第12号を発行しました!
カワニナの増殖と飼料開発のポイント
エコな「書道作品」展示中!
第2回「河合ホタルサミット」開催レポート
森と私たちの暮らしの関係を学ぶ!豊富小学校で出前授業を実施
同じカテゴリー(鳥川ホタルの里(ホタル学校))の記事
 冬空の下に広がる絶景!音羽富士トレッキング (2017-01-30 14:47)
 「ホタル学校だより」第12号を発行しました! (2017-01-29 11:05)
 カワニナの増殖と飼料開発のポイント (2017-01-28 07:42)
 エコな「書道作品」展示中! (2017-01-27 09:23)
 第2回「河合ホタルサミット」開催レポート (2017-01-26 14:47)
 森と私たちの暮らしの関係を学ぶ!豊富小学校で出前授業を実施 (2017-01-20 09:15)

Posted by 岡崎市環境部環境政策課 at 10:00 │鳥川ホタルの里(ホタル学校)