› 水とみどりの森の駅ブログ › 鳥川ホタルの里(ホタル学校) › ホタル学校「電熱ペンでコースター作り」を開催しました!

2013年04月29日

ホタル学校「電熱ペンでコースター作り」を開催しました!


平成25年4月28日(日)、ホタル学校でものづくり系イベント「電熱ペンでコースター(コップ置き)作り」を開催しました。講師は、「ホタルのランプシェードづくり」や「コンパスアートでおもちゃ作り」でお馴染みの松本吉央さんです。

◆ホタルのランプシェード作り…http://sizentaikennomori.boo-log.com/e223682.html
◆コンパスアートでおもちゃ作り…http://sizentaikennomori.boo-log.com/e223141.html


はじめに、作り方の手順や注意事項の説明がありました。今回は「電熱ペン」を使用するため、特に「ヤケド」には十分注意するようお話がありました。最初に、あらかじめ松本さんが作られた八角形の木の板を、一人2枚いただき、1枚は課題として「鳥川ほたるの里」のマークを作り、もう1枚の絵柄は自由とのことでした。


まずは特製の木の定規と鉛筆で枠線を書きます。枠があった方が中の絵が映えます。


次に、電熱ペンで鉛筆で書いた枠線に沿って焼いて線をつけていきます。一見簡単そうですが、木には木目や節などがあって、なかなか真っ直ぐな線を書くことが難しいのです。


次に、課題の絵柄「鳥川ほたるの里」のスタンプマークを書きます。マークはあらかじめ板のサイズに合わせてコピーしておき、それをテープで少し止めて、下にカーボン紙を敷いてなぞっていきます。


すると、簡単に絵柄を板に書き写すことができます。さて、ここからが電熱ペンの腕の見せ所です!


下絵の線に沿ってゆっくりと電熱ペンを当てて焦がしていきます。力の強弱で陰影をつけることもできますし、文字の太さなども変えられます。少々煙が目にしみる場面もありますが、皆さん真剣に木と無言の対話をしながら書き進めていました。


2枚目の絵柄は自由なので、持ってきたアニメのキャラクターや昆虫、お花など、思い思いの絵を描いていきます。どんな風に仕上がるか楽しみですね。


あっという間に2時間が過ぎてしまい、ようやく完成です!皆さん、初めての電熱ペンでしたのでなかなか難しかったと思いますが「楽しかった!」「もっとやってみたい!」との感想をいただきました。(松本さん、第2回の開催をぜひご検討ください!)


最後にみんなで記念撮影です。お一人お一人の作品まではご紹介できませんが、個性に富んだ作品が出来上がり、皆さんとても満足げでした。(この後、アクリル絵の具で色を付けられる方もあり、とてもカラフルな仕上がりでした!)


↑これらはすべては講師の松本さんの作品見本(一部)です。ホタル学校のマークのほか、鳥川の風景を描いた「絵葉書」の絵のものもあり、繊細なタッチはさすがです!

ともあれ、一人もヤケドすることもなく、無事に開催できました。松本さんにおかれましては、板の製作や見本作りなど、事前の準備を含め、誠にありがとうございました。今後も、随時「ものづくり系」イベントも企画していきますので、ぜひご参加ください!


撮影日  平成25年4月28日(日)
撮影場所 ホタル学校(鳥川町)にて
投稿者  ホタル学校スタッフ


ふたば 自然との共生を「ホタル」を通して考えましょう! ふたば



同じカテゴリー(鳥川ホタルの里(ホタル学校))の記事画像
冬空の下に広がる絶景!音羽富士トレッキング
「ホタル学校だより」第12号を発行しました!
カワニナの増殖と飼料開発のポイント
エコな「書道作品」展示中!
第2回「河合ホタルサミット」開催レポート
森と私たちの暮らしの関係を学ぶ!豊富小学校で出前授業を実施
同じカテゴリー(鳥川ホタルの里(ホタル学校))の記事
 冬空の下に広がる絶景!音羽富士トレッキング (2017-01-30 14:47)
 「ホタル学校だより」第12号を発行しました! (2017-01-29 11:05)
 カワニナの増殖と飼料開発のポイント (2017-01-28 07:42)
 エコな「書道作品」展示中! (2017-01-27 09:23)
 第2回「河合ホタルサミット」開催レポート (2017-01-26 14:47)
 森と私たちの暮らしの関係を学ぶ!豊富小学校で出前授業を実施 (2017-01-20 09:15)

Posted by 岡崎市環境部環境政策課 at 00:06 │鳥川ホタルの里(ホタル学校)