› 水とみどりの森の駅ブログ › 鳥川ホタルの里(ホタル学校) › ホタル学校「登山道の道しるべ看板作り」を行いました!

2013年05月25日

ホタル学校「登山道の道しるべ看板作り」を行いました!


平成25年5月25日(土)、ホタル学校で「登山道の道しるべ看板作り」を行いました。講師はお馴染み「松本吉央」さん!(いつもありがとうございます) 

ホタル学校のある「鳥川ホタルの里」には、総延長17kmほどの山歩きコースがあります。「水晶山」「音羽富士」「額堂山」「京ヶ峯」「愛宕山」などなど、標高300~400m級の小高い山々が連なり、見晴らし場からは三河湾や名古屋の市街地までが一望できる絶景スポットが数多くあります。

その登山道を、楽しく安心して歩くために欠かせないのが「道しるべ」となる案内看板です。以前、旧鳥川小学校の児童・先生方や、地元の方々がたくさんの案内看板を熱心に製作され、取り付けてくれましたが、かなり月日も経って、ものによっては取り替えの時期を迎えています。

今回は、山歩きコースの一つ「七曲古道」に設置する案内看板を製作することになりました。


まずは、講師の松本さんが用意してくださった板に、文字を書き込んでいきます。あらかじめ文字サイズを決めておき、コピーした文字用紙の下にカーボン紙を敷き、文字の輪郭をなぞっていきます。また、文字を際立たせるために、周りに枠線も描きます。


文字が書けたらアクリル絵の具で色付けです。これがけっこう神経を使う作業で、皆さん黙々と真剣に取り組んでいます。


もう一つのやり方があって、文字を電熱ペンで焼いていくというもので、こちらのご夫婦は、電熱ペンでの看板作りにチャレンジされました。予想以上に細かい作業ですので、皆さん、あまり根詰め過ぎないように、休憩しながら取り組みましょう!


あっという間に3時間が経過!皆さん、何とか時間内に完成です。といっても、今日の作業はこれで終了ですが、後日、防腐剤を塗って乾燥させ、杭も作らなければいけません。それは、ホタル学校スタッフと松本さんとで手分けして行います。これらの作業がすべて完了したら、いよいよ設置ですが、設置日はまた後日お知らせいたします。


今日仕上がった道しるべ看板と松本さんのショットです。松本さんは、七曲古道を何度も歩き、必要な看板の枚数、表示する看板名、看板のサイズ、板の準備、見本の製作など、かなり前から準備をしてくださいました。「まだまだ作らなければいけない案内看板はたくさんあるんだよ!」とのことで、今後も市民の皆さん・地元の皆さんにご参加いただき、少しずつ製作して設置していきたいと思っています。


せいえつながら私の力作をご紹介させていただきます。看板の角にアクセントとして植物の絵を入れました。これも松本さんのアイデアです。設置したら、自慢しながら七曲古道を歩きたいと思います!(ダイエットを兼ねて…)

ご参加くださった皆さん、松本さん、たいへんお疲れ様でした。また、看板設置の際にはぜひお手伝いをお願いします!


撮影日  平成25年5月25日(土)
撮影場所 ホタル学校(鳥川町)にて
投稿者  マナビー


ふたば 自然との共生を「ホタル」を通して考えましょう! ふたば



同じカテゴリー(鳥川ホタルの里(ホタル学校))の記事画像
冬空の下に広がる絶景!音羽富士トレッキング
「ホタル学校だより」第12号を発行しました!
カワニナの増殖と飼料開発のポイント
エコな「書道作品」展示中!
第2回「河合ホタルサミット」開催レポート
森と私たちの暮らしの関係を学ぶ!豊富小学校で出前授業を実施
同じカテゴリー(鳥川ホタルの里(ホタル学校))の記事
 冬空の下に広がる絶景!音羽富士トレッキング (2017-01-30 14:47)
 「ホタル学校だより」第12号を発行しました! (2017-01-29 11:05)
 カワニナの増殖と飼料開発のポイント (2017-01-28 07:42)
 エコな「書道作品」展示中! (2017-01-27 09:23)
 第2回「河合ホタルサミット」開催レポート (2017-01-26 14:47)
 森と私たちの暮らしの関係を学ぶ!豊富小学校で出前授業を実施 (2017-01-20 09:15)

Posted by 岡崎市環境部環境政策課 at 23:35 │鳥川ホタルの里(ホタル学校)