› 水とみどりの森の駅ブログ › 鳥川ホタルの里(ホタル学校) › 「ホタルの川の生き物探し」イベントを開催しました!

2013年08月22日

「ホタルの川の生き物探し」イベントを開催しました!


平成25年8月18日(日)、岡崎市ホタル学校で「ホタルの川の生き物探し」イベントが開催されました。主催は「森もり!わんぱくAじゃん隊」。おかざき自然体験の森やわんPark、地域交流センターなど、市内各地で子供遊びイベントを開催している市民活動団体です。

「やっぱり夏は川遊び!」ということで、色んな生き物が生息している鳥川(とりかわ/川の名前)に入って、生き物探しをやってみようと企画されました。特別講師に、ホタル学校ではお馴染みの永井貞(ただし)先生にお越しいただき、川の生き物や生息環境について解説をしていただきます。


スケジュールや注意事項を聞いて着替えをしたら、さっそく川に入って生き物探しスタート!初めて川の生き物を捕まえるという子供も多く、永井先生やスタッフが捕獲方法を教えながら進めていきます。


魚などは何人かで川の隅の方へ追い込むと捕まえやすいですね。また、川の草むらの下などにも色んな生き物が身を隠しているので、そこへ網を突っ込んで足で草むらをドンドンと踏むと、びっくりして飛び出し、網に入ります。


だんだん慣れてくると、どんな場所に生き物が隠れているかわかるようになってきます。何やら男の子たちが生き物を追い込んでいる様子ですね。


お父さん・お母さんも童心に帰って一生懸命生き物を探します。「カニ捕まえたよ~!」「トンボのヤゴだ!」生き物を捕まえるたび、大きな声が飛び交っていました。


時間はアッという間に過ぎ、捕まえた生き物をじっくり観察するため教室に戻ります。白いバット(容器)の中には色んな生き物がたくさんいます。みんな興味津々で見つめています!

色々なトンボのヤゴ、マドジョウ、トノサマガエル、アマガエル、カワムツ、カワヨシノボリ、サワガニ、カワニナ、オタマジャクシなど、たくさん捕まえましたね。


「カワムツ」という魚の頭にトンボのヤゴが付いています。偶然引っ付いたのか?それともカワムツに助けを求めているのか?何とも面白い光景です。


捕まえた生き物について、永井先生が詳しく解説してくださいました。みんな真剣にお話に聞き入っていますね。鳥川町は、ホタルがたいへん有名ですが、ホタルだけでなく、清流を好む色んな生き物が生息していることがわかりました。今度は、みんなが住んでいる地域の川の生き物を調べてみてください。きっと色んな違いに気が付くはずです。

ホタルがたくさんいる鳥川も、私たちそれぞれが住む地域の川も、たくさんの生き物が棲める美しい川であってほしいですね。『森もり!わんぱくAじゃん隊』では、今後も色んなイベントを企画していきますので、ぜひご参加ください。


◆森もり!わんぱくAじゃん隊のホームページ◆
http://genki365.net/gnko/mypage/index.php?gid=G0000801


撮影日  平成25年8月18日(日)
撮影場所 ホタル学校(鳥川町)にて
投稿者  森もり!わんぱくAじゃん隊


ふたば 自然との共生を「ホタル」を通して考えましょう! ふたば



同じカテゴリー(鳥川ホタルの里(ホタル学校))の記事画像
冬空の下に広がる絶景!音羽富士トレッキング
「ホタル学校だより」第12号を発行しました!
カワニナの増殖と飼料開発のポイント
エコな「書道作品」展示中!
第2回「河合ホタルサミット」開催レポート
森と私たちの暮らしの関係を学ぶ!豊富小学校で出前授業を実施
同じカテゴリー(鳥川ホタルの里(ホタル学校))の記事
 冬空の下に広がる絶景!音羽富士トレッキング (2017-01-30 14:47)
 「ホタル学校だより」第12号を発行しました! (2017-01-29 11:05)
 カワニナの増殖と飼料開発のポイント (2017-01-28 07:42)
 エコな「書道作品」展示中! (2017-01-27 09:23)
 第2回「河合ホタルサミット」開催レポート (2017-01-26 14:47)
 森と私たちの暮らしの関係を学ぶ!豊富小学校で出前授業を実施 (2017-01-20 09:15)

Posted by 岡崎市環境部環境政策課 at 10:42 │鳥川ホタルの里(ホタル学校)