› 水とみどりの森の駅ブログ › 鳥川ホタルの里(ホタル学校) › ホタルのフォトコンテスト入賞作品が決定!

2013年09月10日

ホタルのフォトコンテスト入賞作品が決定!

ホタルは昔から、豊かな里山環境の象徴として、多くの人に親しまれ、守られてきました。ホタルの舞う風景(自然環境)を後世へ伝えるため、ホタルを題材とした写真作品を募集したところ、30作品もの応募をいただき、厳正なる審査の結果、以下5点の入賞作品が決定しましたのでご紹介させていただきます。

◆テーマ :ホタルの光・ホタルと人との共生
◆撮影期間:平成25年5月1日~7月31日
◆撮影場所:ホタル学校のある「鳥川ホタルの里」や、岡崎市内のホタル生息地

※画像の無断複写・転用等は禁止です。


[賞名] 推薦
[氏名] 千葉 一浩 様
[題名] ハートに踊ってラブコール
[場所] 鳥川ホタルの里E地点
[講評] 川の奥行きがしっかり捉えられており、流れに沿ってホタルが乱舞している様子がはっきりとわかります。ハートの形に写ったホタルの光も絶妙で、鳥川のホタルを象徴する作品と言えます。



[賞名] 特選
[氏名] 谷川 智洋 様
[題名] クルマが来るぞ~!
[場所] 鳥川ホタルの里E地点
[講評] 川、田、人の営みと、ホタルがバランスよく捉えられており、人とホタルとの共生の様子が伺い知れます。また、ゲンジボタルが川の流れに沿って飛び交っている様子もわかりやすく、美しい川面が乱舞するホタルを引き立てています。



[賞名] 入選
[氏名] 浅岡 謙治 様
[題名] ホタルの舞い
[場所] 鳥川ホタルの里
[講評] ホタルが力強く舞う光の軌跡が捉えられ、ホタルの生命力を感じます。また、ホタルの光によって奥行きも感じられ、ススキの穂も入れてあり、全体の構図がきれいです。堰から流れ落ちる水の流れも幻想的で動きを感じます。



[賞名] 入選
[氏名] 篠田 光雄 様
[題名] 乱舞
[場所] 鳥川ホタルの里
[講評] 長い時間をかけて、手前のホタルも遠くのホタルも、それぞれの光がしっかりと捉えられ、ホタルで賑わう6月の鳥川ホタルの里を彷彿とさせる豪華な作品です。



[賞名] 入選
[氏名] 山本 まり子 様
[題名] ホタル舞う夜に
[場所] 鳥川ホタルの里
[講評] 中央にある一本のホタルの光線が力強く見事です。川の流れや森の木々の様子などもしっかりと捉えられており、 全体的に安定した構図で、思い描かれたイメージがとても良い作品です。


入賞された皆様、誠におめでとうございます。また、ご応募いただきました皆様、本当にありがとうございました。これからもぜひホタルを撮影し続けていただけると幸いです。

なお、ご応募いただきました全作品は、下記の日程でホタル学校に展示させていただきますので、ぜひお越しのうえご覧ください。

※ホタル学校のホームページでもご紹介しております。(もう少し大きな画像でご覧いただけます)
http://www.morinoeki.jp/hotaru_gakkou/2013photocon.html
(画像の無断複写・転用等は禁止)


展示期間 平成25年9月7日(土)~10月27日(日)
展示場所 ホタル学校(鳥川町)にて
投稿者  やまのうち


ふたば 自然との共生を「ホタル」を通して考えましょう! ふたば



同じカテゴリー(鳥川ホタルの里(ホタル学校))の記事画像
冬空の下に広がる絶景!音羽富士トレッキング
「ホタル学校だより」第12号を発行しました!
カワニナの増殖と飼料開発のポイント
エコな「書道作品」展示中!
第2回「河合ホタルサミット」開催レポート
森と私たちの暮らしの関係を学ぶ!豊富小学校で出前授業を実施
同じカテゴリー(鳥川ホタルの里(ホタル学校))の記事
 冬空の下に広がる絶景!音羽富士トレッキング (2017-01-30 14:47)
 「ホタル学校だより」第12号を発行しました! (2017-01-29 11:05)
 カワニナの増殖と飼料開発のポイント (2017-01-28 07:42)
 エコな「書道作品」展示中! (2017-01-27 09:23)
 第2回「河合ホタルサミット」開催レポート (2017-01-26 14:47)
 森と私たちの暮らしの関係を学ぶ!豊富小学校で出前授業を実施 (2017-01-20 09:15)

Posted by 岡崎市環境部環境政策課 at 10:27 │鳥川ホタルの里(ホタル学校)