› 水とみどりの森の駅ブログ › おかざき自然体験の森 › おかざき自然体験の森「森の収穫祭」を開催しました!

2013年11月19日

おかざき自然体験の森「森の収穫祭」を開催しました!

平成25年11月16日(土)、おかざき自然体験の森で「森の収穫祭」を開催しました。作日の雨とはうって変わって、抜けるような秋晴れになりました。

まずは、森で活動しておられる市民活動団体さんによる各種体験プログラムのご紹介です。


「森のこだま」主催の「森のツルで作品を作ろう」では、まず、炭焼小屋の南の山へ入りました。昨夜の雨で濡れた斜面は滑りやすく、登るのはとても大変です。転ばないように山の中腹に入って、フジづるなどを探しました。ツルを見つけると、長い竹に鎌をつけた道具で、ツルを切り取ります。


採集したツルでかごを編みます。編み方は講師が丁寧に教えてくださいます。


太いツルを思い通りに曲げるには、けっこうな力が必要です。「よいしょ!」と一声かけてツルを編み込んでいきます。


まだ製作途中ですが、作品を持って「はい、チーズ!」。お昼前に炭焼小屋に伺うと、ツルで編むかごの本体がほとんどでき上がっていました。あとは持ち手をつければ完成です。昼食と管理棟前での餅と焼きイモの振る舞いで、十分英気を養って、すばらしいかごを編むことができました!


愛知植物の会の「森の恵みを探しに行こう」では、管理棟前で、講師が前もって作ってきていただいた「ドングリ笛」「イタドリの笛」「葉っぱのバッタ」など、森の素材で作った昔懐かしい遊び道具をプレゼントしてくださいました。来場者が足を止め、童心に帰って「ピー!」と笛を鳴らし、子どもたちもまねをして笛を吹く姿はとても微笑ましいですね!


さあ、森の恵みを探しに出発です。管理道に出るとすぐに「コバノガマズミ」の赤く小さな実を見つけました。さっそくつまんで食べてみます。「酸っぱいリンゴのような味だね」「小鳥が食べるんですか?」「小鳥の大好物ですよ」と、森の恵みを味わいながら楽しい散策が始まりました。


秋晴れの下、色づき始めた森を愛で、上り下りする途中で食べられる植物を味わい、植物を使った遊び道具を作って楽しみながら散策しました。


アッという間に2時間が経ち、管理棟に戻ってきました。山歩きでお腹も空いたところで、講師からの振る舞いです。ムカゴご飯に、ドングリ茶、デザートは、縄文人も食べた!?ドングリクッキーです。講師の周りに子どもたちが集まってきました。「ムカゴご飯、初めて食べるけど美味しいね!」「ドングリクッキーって素朴な味だね!」などなど大好評でした!

※「ムカゴ」とは、山芋のツルの葉の所どころになる小さなジャガイモのようなイモのこと!


管理棟では「森の畑倶楽部大豆でe-co」主催の「森の畑で綿つみ・綿くり体験」が実施されました。まず、綿くり機で綿の実から種を取り除きます。綿くり機のハンドルを回してローラーに綿の実を入れると種が取り除かれ、綿だけが出てきます。子どもたちは面白そうにローラーを回して綿の種を取りました。


種を取った綿は、竹で作った60cmほどの長さの「唐弓」を使って綿をほぐします。弓の弦に綿を巻き付けて、弾くようにして、ふわふわの綿を作ります。


ふわふわの綿を気に入った柄の布に入れて縫います。たどたどしい手つきですが、お母さんと一緒に一生懸命針を動かして縫っていきます。とても微笑ましい共同作業ですね!


「ぼくのポプリができたよ!」小さな男の子もポプリを完成させて自慢げに見せてくれました。小さな子どもたちとお母さん、お父さんの微笑ましい共同作業が、あちらこちらで見受けられた「綿つみ・綿くり体験」でした。


「森もり!わんぱくAじゃん隊」の「石な(石ころ)でアート」も管理棟で行われました。講師の方々が集めてきたユニークな形の石ころに、子どもたちが思い思いの絵を描きます。講師がやさしく色ペンの使い方を教えてくれます。


お友達と相談しながらの色塗りはとっても楽しいですね!


たくさんの「石なでアート」が完成しました。自分が納得がいくまで、がんばって仕上げているお友達もいました。


最後までがんばったお友達に作品を紹介してもらいました。指差しているのは私の最高傑作です!子どもたちは、みんな素晴らしい芸術家ですね。


管理棟前では、トタンを敷き、周りをブロックで囲った特設の「焼きイモ場」を作りました。炭焼きの会の方々が森で作った木炭と薪でおき(おき火)を作ります。森に来られた方が飛び入りで焼きイモ作りを手伝ってくださいました。感謝!


森で採れたホッカホカの焼きイモです。熱いのでヤケドしないでね!
「甘くておいしいねぇ!」100個ほどの焼きイモがあっという間に振る舞われました。


いよいよ森で採れた餅米を使っての餅つきです。子どもたちもお父さんやお母さんと一緒にお餅をつきました。「よいしょ!よいしょ!」と掛け声をかけてキネで餅をつきます。


つき上がったお餅に長い列ができました。あんこ・きなこ・大根おろしの3種類の味が用意されました。


「あーん!」お母さんからお餅をいただきます。管理棟の土間で火鉢にあたりながら餅をほうばり、心も体もホッカホカです。

「森の収穫祭」は、秋晴れの下に4つのプログラムを通して、五感を使った色々な自然体験が行われ、楽しい時間を過ごすことができました。活動団体の皆様、参加してくださった皆さん、本当にありがとうございました!これからも、多くの方々のご来園をスタッフ一同お待ちしております。そして、自然の恵みに感謝しながら、これからも自然を大切に感じていってもらえればと思います。


写真は森の収穫祭の当日の朝に撮影しました。工作棟北のカエデが、うっすらと紅葉し始めました。見ごろは今月末ごろになると思います。ぜひ、おかざき自然体験の森での紅葉狩りをお楽しみください!



撮影日  平成25年11月16日(土)
撮影場所 おかざき自然体験の森(八ツ木町)にて
投稿者  あだち


ふたばこの森まるごと自然体験フィールドふたば
あなたも感じてみませんか『五感のワンダーランド』



同じカテゴリー(おかざき自然体験の森)の記事画像
この寒い時期に作るから「寒茶」
特別講座「環境学習活動コーディネート実践講座」の受講者募集中
雪化粧した森
神ってる!?折り紙を楽しむ会
受講者募集中「環境学習活動コーディネート実践講座」
おかざき自然体験の森の正月支度
同じカテゴリー(おかざき自然体験の森)の記事
 この寒い時期に作るから「寒茶」 (2017-01-24 09:32)
 特別講座「環境学習活動コーディネート実践講座」の受講者募集中 (2017-01-23 10:23)
 雪化粧した森 (2017-01-17 11:39)
 神ってる!?折り紙を楽しむ会 (2017-01-13 10:02)
 受講者募集中「環境学習活動コーディネート実践講座」 (2017-01-05 10:55)
 おかざき自然体験の森の正月支度 (2016-12-28 08:35)

Posted by 岡崎市環境部環境政策課 at 15:07 │おかざき自然体験の森