› 水とみどりの森の駅ブログ › おかざき自然体験の森 › 奥深いお茶の世界!「お茶作り」ボランティア活動視察研修会

2015年07月16日

奥深いお茶の世界!「お茶作り」ボランティア活動視察研修会


平成27年7月8日(水)、おかざき自然体験の森の
お茶作りボランティア活動に参加しておられる皆さんと、
市内石原町の「宮ザキ園」さんへ視察研修に行きました。

宮ザキ園代表の梅村篤志さん(6代目)が、まずは美味しい茶葉の
育て方や茶葉の摘み方などを教えてくださいました。(写真右の方)


「宮ザキ園」さんのホームページ
http://www.miyazakien.com


茶畑に移動して茶摘みを体験します。
無農薬、有機農法で栽培された茶畑は
自然な状態なので摘みごたえがあります。


摘む部分は「一芯二葉」(いっしんによう)と言われ、
葉が開いていない「芽」とその下の2枚の葉までのことを言います。


今回の摘み取った葉を広げ、乾燥させます。


その後、工場内を見学させていただき、
各種お茶の生産工程を説明していただきました。


茶葉を乾燥させている間に「玉露」のお茶を頂きました。
とても味が濃く、美味しくいただきました☆


茶葉の水分を約30%乾燥させ、手もみ作業を行います。
お茶作りには時間と手間が掛かります。
(美味しいお茶ができるといいなぁ!)


少しずつお茶の香りがしてきたように感じます。
見た目も茶葉に近づいています。
後は1~2時間ほど寝かせ、乾燥させれば完成です。

お楽しみは帰ってから!ということで。


最後に宮ザキ園さんの茶葉で作った「わ紅茶」
世界の紅茶の味の違いを体験させていただき、
そのまろやかな味わいに身も心も癒されるひと時でした。


今回は「ティーマイスター」の野口義樹(しげき)さん
紅茶を淹れていただきました。

※ティーマイスターは日本のホテル界には3人しかいないそうです!


茶葉3g、300cc、100℃の沸かしたてのお湯、
蒸らし時間3分の同じ条件で淹れ、味の違いを体験します。

※これを「ゴールデンルール」と言うそうです。


宮ザキ園の「わ紅茶」を含め、5種類の紅茶の違いを
味わったあとは全員で記念撮影!

宮ザキ園の皆様、細かなところまで親切、丁寧に
教えていただき、本当にありがとうございました。


お茶摘み体験と紅茶の味比べなど、大変有意義な視察研修会でした。
今回学んだことを今後のお茶作り活動に活かしていきたいと思います!


おかざき自然体験の森のお茶作りボランティア活動は、
事前申込みの必要はなく、毎月第2・4水曜日の
午前9時30分~お昼頃まで活動します。
※集合場所は体験の森の「駐車場」です。(雨天中止)


お茶作りに興味のある方はぜひご参加ください。
心よりお待ちしております。


--------------------------------------------
撮影日  平成27年7月8日(水)
撮影場所 宮ザキ園(石原町)
投稿者  あさおか


ふたばこの森まるごと自然体験フィールドふたば
あなたも感じてみませんか『五感のワンダーランド』
HP:http://www.sizentaiken.jp/



同じカテゴリー(おかざき自然体験の森)の記事画像
この寒い時期に作るから「寒茶」
特別講座「環境学習活動コーディネート実践講座」の受講者募集中
雪化粧した森
神ってる!?折り紙を楽しむ会
受講者募集中「環境学習活動コーディネート実践講座」
おかざき自然体験の森の正月支度
同じカテゴリー(おかざき自然体験の森)の記事
 この寒い時期に作るから「寒茶」 (2017-01-24 09:32)
 特別講座「環境学習活動コーディネート実践講座」の受講者募集中 (2017-01-23 10:23)
 雪化粧した森 (2017-01-17 11:39)
 神ってる!?折り紙を楽しむ会 (2017-01-13 10:02)
 受講者募集中「環境学習活動コーディネート実践講座」 (2017-01-05 10:55)
 おかざき自然体験の森の正月支度 (2016-12-28 08:35)

Posted by 岡崎市環境部環境政策課 at 13:57 │おかざき自然体験の森