› 水とみどりの森の駅ブログ › 鳥川ホタルの里(ホタル学校) › ホタルの謎を解き明かそう!第1回「ホタルの自由研究教室」を開催

2015年07月19日

ホタルの謎を解き明かそう!第1回「ホタルの自由研究教室」を開催


平成27年7月12日(日)、ホタル学校で
第1回「ホタルの自由研究教室」を開催しました!

夏休み目前、子どもたちは何をして遊ぼうかワクワクしている時期かと思いますが、
一方で山ほどの宿題が待ち構えています。特に自分でやることを決める「自由研究」は
お父さん・お母さんにとっても悩みのタネ・・・。

そこで自由研究の進め方やまとめかたについて親子で楽しく学ぼうというのが
このホタルの自由研究教室です。毎年人気のこの講座、
今回も10家族23名が参加してくれました。


講師はおなじみの自然・環境学習実践隊の皆さんです。
これまでも自由研究に悩める数々の親子を「金賞」に導いてきました。
今回もよろしくお願いします!


まずはホタルについてどれくらい知っているのかワークシートに取り組みました。
親子で予想を見比べてみると、結構意見が分かれている様子。
果たしてどっちが正しいかな?


答えをただ教えてもらうだけでは学習にはなりません。
今回はホタル学校の展示の中から自分たちで答えを探していきます。

資料には大人でもほとんどの方が知らないホタルの秘密がいっぱい!
あちこちで驚きの声が上がっていました。


教室に戻ったら詳しく解説をしながら答え合わせをしました。
ホタルの生態については知っているようで知らないことばかり!
かなり理解を深めることができたようです。


続いてはホタルの生息する環境を調べるために、ホタル学校のすぐ横を流れる
鳥川へ生き物調査に向かいました。学校のプールに比べると水が冷たい!
でもすぐに慣れて水中の生き物の世界に引き込まれていきます。


サワガニ、カワニナ、ドジョウなどあっという間にたくさんの生き物が見つかりました。
皆さんの住んでいる近くの川とはどんな違いがあるでしょうか?
その原因は何でしょうか?これも自由研究のテーマになりそうですね。

※水生生物の生息状況は「水環境」の良し悪しをはかる一つの指標と言えます。


教室に戻ってからは自由研究の進め方について具体的なアドバイスを聞きました。
テーマの選び方や研究方法の決め方、調べたことをうまくまとめるコツなど
実践的なノウハウが次々と!メモを取る手にも力が入ります。


最後に自由研究のエッセンスが詰まった虎の巻が配られました。
これは、この講座に参加した方限定の特別資料です。
中身が知りたい!という方は、また来年ぜひご参加ください!

今日学んだことだけでも自由研究につながる糸口が
たくさんあったのではないでしょうか。まだ時間があるからと油断せず、
時間に余裕をもって取り組めばきっと実りある研究になるはず。
頑張りましょう!


第2回目は8月2日(日)、今度は自由研究の内容について
講師陣が個別アドバイスを行いますので、各自テーマや研究の方法など
自分なりに考えて来てください。

ご参加くださったご家族皆様、講師の皆様、ありがとうございました☆


-------------------------------------------
撮影日  平成27年7月12日(日)
撮影場所 ホタル学校(鳥川町)
投稿者  からさわ


ふたば 自然との共生を「ホタル」を通して考えましょう! ふたば
HP:http://www.morinoeki.jp/hotaru_gakkou/index.html



同じカテゴリー(鳥川ホタルの里(ホタル学校))の記事画像
冬空の下に広がる絶景!音羽富士トレッキング
「ホタル学校だより」第12号を発行しました!
カワニナの増殖と飼料開発のポイント
エコな「書道作品」展示中!
第2回「河合ホタルサミット」開催レポート
森と私たちの暮らしの関係を学ぶ!豊富小学校で出前授業を実施
同じカテゴリー(鳥川ホタルの里(ホタル学校))の記事
 冬空の下に広がる絶景!音羽富士トレッキング (2017-01-30 14:47)
 「ホタル学校だより」第12号を発行しました! (2017-01-29 11:05)
 カワニナの増殖と飼料開発のポイント (2017-01-28 07:42)
 エコな「書道作品」展示中! (2017-01-27 09:23)
 第2回「河合ホタルサミット」開催レポート (2017-01-26 14:47)
 森と私たちの暮らしの関係を学ぶ!豊富小学校で出前授業を実施 (2017-01-20 09:15)

Posted by 岡崎市環境部環境政策課 at 09:46 │鳥川ホタルの里(ホタル学校)