› 水とみどりの森の駅ブログ › おかざき自然体験の森 › 賑やかに開催!「森の秋まつり」その1~室内プログラム編

2015年11月25日

賑やかに開催!「森の秋まつり」その1~室内プログラム編


平成27年11月21日(土)、おかざき自然体験の森で
「森の秋まつり」イベントを開催しました!
イベントの様子を室内と屋外のプログラム2回に分けてお伝えします。


雲一つない小春日和のこの日、老若男女400名近い来園者を迎えて
賑々しく「森の秋まつり」を開催しました。


午前9時20分、まずは開会式です。環境保全課長の挨拶からスタートし、
「自然に親しみながら楽しんでください☆」と挨拶がありました。


続いて、8つの市民活動団体さんの日頃の活動の様子の紹介と
本日のプログラムのPRです。PRを聞くとどのプログラムも魅力的で
どこに行こうか迷ってしまいます。


以下、管理棟と工作棟で行われたプログラムを紹介します。


まず、管理棟の多目的室で行われた「森の畑倶楽部大豆でe-co」
「クリスマス飾りを作ろう」を紹介します。
子どもたちにお姉さんが何か植物を見せています。
「さて、これは一体なんでしょう?」


正解は「コットンボール」です。訳すと「綿花」ですが、
これは花ではありません。綿の花が咲いた後、その実が熟して開いたもので、
種の周りの白くて細い繊維の集まりです。この白い繊維から木綿糸ができます。

この岡崎地域でも、江戸時代は綿花栽培が盛んで、三河木綿の特産地でした。
今日のプログラムで使う「コットンボール」は、「森の畑倶楽部大豆でE-co」が
森の畑で栽培したものです。

まずは「コットンボール」から「綿繰り機」を使って種を取り除きます。
ハンドルを回すと上手に綿から種が取り出せます。


次に「唐弓(とうゆみ)」を作ります。60センチほどの竹の板に小刀で
切れ込みを入れ、弦を張るようにします。小刀の扱いは危険を伴うので
大人の人にやってもらいました。


「唐弓」の弦で、綿を弾くように糸をほぐします。


ほぐした綿を今日のクリスマス飾りに使います。
白い綿は「雪」にしようかな☆
思い思いビーズで飾ったり、マーカーペンで色付けをしたりすると
素敵なクリスマス飾りができました!


管理棟の工作室では「森もり!わんぱくAじゃん隊」の「植物で遊ぼう」
が行われています。子どもたちはすぐ「イタドリのリコーダー」を
ピー!ピィ~~~!と吹き鳴らして即席の演奏会が始まります。


お兄ちゃんやお姉ちゃんが工作をしている間、ちっちゃな赤ちゃんは
マテバシイの「どんぐり風呂」で遊びます。ツルツルしてて気持ち良さそう☆


大人は「葉っぱのバッタ」作りに挑戦です!
シュロの葉で本物そっくりのバッタを作ります。講師の手慣れた手さばきに
つい見入ってしまいます。細かな作業に集中すること数十分、
素敵な葉っぱのバッタが2匹できあがりました!


「これはなんでしょう?」
「どんぐりの帽子です。」
「何ができるんですか?」
「それは出来てからのお楽しみぃ!」


どんぐりの帽子を糸どんどんでつないでいくと・・・
こんなかわいい「イモムシ君」になりました!愛嬌抜群ですね。


管理棟の座敷では「折り紙を楽しむ会」が折り紙で花玉作りを行っています。


子どもも大人もハサミを使ってていねいに切ります。
子どもたちも細かな作業に真剣に取り組みました。


集中して作業すること1時間ほど、こんな素敵な「花玉」ができました!


工作棟では「おかざき木工倶楽部」の第1部「額縁」作りが始まっています。
講師が額縁の大きさについて参加者の方から希望を取られました。
手を挙げて「先生、私はこんな大きさの額縁が作りたいです。」
「私は、この絵を飾りたいからこの大きさにしたいわ。」
さっそく曲尺で自信作の絵の大きさを測っていきます。


ノコギリを巧みに操って、縁と縁がぴったり合うように切ります。
そして、木工用ボンドで丁寧に貼り合わせていきます。
講師に微調整をしてもらって、アクリル板を取り付ければ
オリジナルのマイ額縁の完成です!


「おかざき木工倶楽部」の第2部は「バランスとんぼ」作りです。


小刀を使って「竹」をていねいに削って行きます。
羽の大きさ・重さを同じくらいに削ります。微妙な手加減が難しいですが
素晴らしいバランス感覚のトンボが完成しました!


絶好の行楽日和のこの日、おかざき自然体験の森に来園された皆さんは、
「森の秋まつり」のプログラムを思う存分楽しまれたことと思います。
皆さんお疲れ様でした!そしてご来園、誠にありがとうございました!

次回のブログ「その2」では、屋外で行われたプログラムを中心に
詳しくお伝えいたします。お楽しみに☆



------------------------------------------------------
撮影日  平成27年11月21日(土)
撮影場所 おかざき自然体験の森(八ツ木町)
投稿者  あだち


ふたばこの森まるごと自然体験フィールドふたば
あなたも感じてみませんか『五感のワンダーランド』
HP:http://www.sizentaiken.jp/



同じカテゴリー(おかざき自然体験の森)の記事画像
この寒い時期に作るから「寒茶」
特別講座「環境学習活動コーディネート実践講座」の受講者募集中
雪化粧した森
神ってる!?折り紙を楽しむ会
受講者募集中「環境学習活動コーディネート実践講座」
おかざき自然体験の森の正月支度
同じカテゴリー(おかざき自然体験の森)の記事
 この寒い時期に作るから「寒茶」 (2017-01-24 09:32)
 特別講座「環境学習活動コーディネート実践講座」の受講者募集中 (2017-01-23 10:23)
 雪化粧した森 (2017-01-17 11:39)
 神ってる!?折り紙を楽しむ会 (2017-01-13 10:02)
 受講者募集中「環境学習活動コーディネート実践講座」 (2017-01-05 10:55)
 おかざき自然体験の森の正月支度 (2016-12-28 08:35)

Posted by 岡崎市環境部環境政策課 at 07:00 │おかざき自然体験の森