› 水とみどりの森の駅ブログ › 鳥川ホタルの里(ホタル学校) › 三河湾の大展望!音羽富士トレッキングを開催

2016年01月15日

三河湾の大展望!音羽富士トレッキングを開催


(豊川市側から眺めた音羽富士)

平成28年1月10日(日)、岡崎市ホタル学校で恒例の
トレッキングイベントを実施しました。新春第一弾は鳥川の山歩きコース
の中でも一番距離の長い登りごたえのある『音羽富士』です。


今年は暖冬ですが、この日は朝から冷え込んで1月らしい天気となりました。
日が差して少し暖まりだした頃、ホタル学校の校庭に参加者22名が
集まりました。準備運動をしたら早速スタートです!


ホタル学校を出たらしばらくは県道を南下し、
「ゆうびん古道」から「元気山」を目指します。


ゆうびん古道はその名の通り昔は郵便屋さんが歩いて手紙を届けた道です。
結構急な坂なので小休止を挟みながら登ります。郵便屋さんも
大変だったことでしょうね。


元気山の山頂は昔「中部電力」の鉄塔があったそうで、ちょっとした広場に
なっており休憩にちょうどいいポイントです。ここから「昔山」の脇を抜け、
「平和山」へと進みます。こうした山の名前はホタル学校が出来る前の
鳥川小学校時代に子どもたちが考えて名付けたものです。


「ホド田山」まで来ると見晴らし場から三河湾を望むことが出来ました。
もっと天気が良ければ渥美半島の蔵王山が見えます。山頂にある展望台と
風力発電が目印です。


さらに「沢山」まで進むと、今回の目的地である「音羽富士」までのコースが
一望できます。この尾根の南側(豊川市側)は数年前に植林したばかりのため、
まるで高山帯のように遠くまで見渡しながら散策を楽しむことが出来ます。


音羽富士の手前が一番の難所!豊川の街を眺めながら急な登りを一歩ずつ
進んでいきました。ホタル学校を出て2時間半ほどで音羽富士に登頂、
その後、ユリ沢を下りて12時過ぎには学校まで戻って来ることが出来ました。

冬の山は景色こそ少し寂しいですが、空気が澄んでいてほどよく汗を
かきながら気持ちよく歩くことが出来ます。この日もイベント以外の登山客
の方が何名も見えていました。

次回のイベントは2月21日(日)の愛宕山・京ヶ峯トレッキングです。
参加受付は1月22日(金)よりホタル学校で承りますので、
ぜひご参加ください!


--------------------------------------------------------------
撮影日  平成28年1月10日(日)
撮影場所 ホタル学校、鳥川ホタルの里(鳥川町)
投稿者  からさわ


ふたば 自然との共生を「ホタル」を通して考えましょう! ふたば
HP:http://www.morinoeki.jp/hotaru_gakkou/index.html



同じカテゴリー(鳥川ホタルの里(ホタル学校))の記事画像
冬空の下に広がる絶景!音羽富士トレッキング
「ホタル学校だより」第12号を発行しました!
カワニナの増殖と飼料開発のポイント
エコな「書道作品」展示中!
第2回「河合ホタルサミット」開催レポート
森と私たちの暮らしの関係を学ぶ!豊富小学校で出前授業を実施
同じカテゴリー(鳥川ホタルの里(ホタル学校))の記事
 冬空の下に広がる絶景!音羽富士トレッキング (2017-01-30 14:47)
 「ホタル学校だより」第12号を発行しました! (2017-01-29 11:05)
 カワニナの増殖と飼料開発のポイント (2017-01-28 07:42)
 エコな「書道作品」展示中! (2017-01-27 09:23)
 第2回「河合ホタルサミット」開催レポート (2017-01-26 14:47)
 森と私たちの暮らしの関係を学ぶ!豊富小学校で出前授業を実施 (2017-01-20 09:15)

Posted by 岡崎市環境部環境政策課 at 16:02 │鳥川ホタルの里(ホタル学校)