› 水とみどりの森の駅ブログ › 鳥川ホタルの里(ホタル学校) › オリジナルの絵柄で部屋に彩りを!木製の花瓶カバー作り

2016年05月18日

オリジナルの絵柄で部屋に彩りを!木製の花瓶カバー作り


平成28年5月14日(土)、岡崎市ホタル学校で
木製の花瓶カバー作りイベントを実施しました。


講師は登山道の看板作りや木ハガキ作りでお馴染み松本吉央さんです。
今回は18名の方がご参加くださいました。


花瓶カバーはハリギリの材で作られた縦長の木箱で、中に空きビンなどを
入れて花を生けることで花瓶として使えます。これにオリジナルのイラストを
描きこんでいきます。まずはイラスト集などからお気に入りの絵を選び、
カーボン紙などで下絵を書き写します。


下絵が描けたら電熱ペンで輪郭を焼きこんでいき、立体感を出します。
この作業は失敗すると取り返しがつかないので、和やかな雰囲気だった
部屋にも緊張感が漂います!


続いてはアクリル絵の具での色付けです。絵は同じでも図鑑や写真を参考に
とてもリアルな色を付ける方もいれば、自分なりに好きな色を塗っていく方
もいてそれぞれ個性が表れます。


集中すること数時間、様々な絵柄の花瓶カバーが出来上がりました!


看板作りなどで作業に慣れている方も多く、どれも完成度が高く驚かされます。
作品には後日ホタル学校でラッカーを塗り、しばらく展示して引き渡しとなります。


ちょうど野の花もあちこちで咲いている時期です。
オリジナルの花瓶カバーに挿して、部屋でも自然の彩りを楽しんでみてください☆


講師の松本さん、ご参加くださった皆様、
本当にありがとうございました!



--------------------------------------------------------------
撮影日  平成28年5月14日(土)
撮影場所 ホタル学校(鳥川町)
投稿者  からさわ


ふたば 自然との共生を「ホタル」を通して考えましょう! ふたば
HP:http://www.morinoeki.jp/hotaru_gakkou/index.html



同じカテゴリー(鳥川ホタルの里(ホタル学校))の記事画像
冬空の下に広がる絶景!音羽富士トレッキング
「ホタル学校だより」第12号を発行しました!
カワニナの増殖と飼料開発のポイント
エコな「書道作品」展示中!
第2回「河合ホタルサミット」開催レポート
森と私たちの暮らしの関係を学ぶ!豊富小学校で出前授業を実施
同じカテゴリー(鳥川ホタルの里(ホタル学校))の記事
 冬空の下に広がる絶景!音羽富士トレッキング (2017-01-30 14:47)
 「ホタル学校だより」第12号を発行しました! (2017-01-29 11:05)
 カワニナの増殖と飼料開発のポイント (2017-01-28 07:42)
 エコな「書道作品」展示中! (2017-01-27 09:23)
 第2回「河合ホタルサミット」開催レポート (2017-01-26 14:47)
 森と私たちの暮らしの関係を学ぶ!豊富小学校で出前授業を実施 (2017-01-20 09:15)

Posted by 岡崎市環境部環境政策課 at 09:30 │鳥川ホタルの里(ホタル学校)