› 水とみどりの森の駅ブログ › 鳥川ホタルの里(ホタル学校) › ホタルの里で生き物探し!イオン岡崎南店「チアーズクラブ」が来校

2016年06月02日

ホタルの里で生き物探し!イオン岡崎南店「チアーズクラブ」が来校


平成28年5月22日(日)、ホタル学校にイオン岡崎南店
イオンチアーズクラブが来校しました!

イオンチアーズクラブとは、地元の小中学生が様々な環境活動に取り組む
クラブで、昨年9月に実施した「おと川リバーヘッド大作戦」にも
ご参加いただきました。今回はホタル学校での生き物探しを実施します。


今回の参加者は総勢48人。付き添いの保護者の方やイオンスタッフを
加えて岡崎市役所からバス2台に乗り込み、鳥川へ向けて走ること40分。
同じ岡崎市とは思えないような田園風景の鳥川町に到着しました。


さっそく教室に移動してプログラムに入っていきます。
講師は「ホタルマスターファミリー講座」などでおなじみの
自然・環境学習実践隊の皆さんです!


実はバスで移動中、皆さんには全12問のホタルクイズに挑戦してもらいました。
初めに周りの友達と答えをくらべっこ。予想を聞いてみると随分とばらつきがあります。


すぐにクイズの答えを教えてくれないのがホタル学校です。せっかくホタルに
関する様々な展示物があるので、校内を巡って自分で答え探しをしていきましょう!


一通り調べ終わったところで、講師のむしくんから正解と解説を聞きました。
残念ながら全問正解はいませんでしたが、このクイズは大人でも難しい内容
ですから当然です。自分で調べたことはきっと記憶に残ると思うので、
ぜひ学校やお家でも周りの人にホタルのことを教えてあげてくださいね。


さて、子どもたちはもう虫を捕まえに行きたくてウズウズしているようですが、
その前にウォーミングアップとして「カモフラージュ」を体験します。


草むらや薮の中に隠された人工物をゆっくり歩きながら見つけていきます。
見つけても声に出さず、そっと心の中で数を数えます。
ゴールにいるリーダーに見つけた数を答えます。

自信満々に答えてみると・・・
「うーん、まだまだ半分くらいかな!」「えーっ!…」
残念!目を凝らしてもう1回探してみましょう!


結局、全部見つけられた人はいませんでしたが、低学年グループでは大人より
子どもたちのほうが多く見つけられたようです!一つずつ、どこに何が
隠されているのか確かめながら回収していきました。


隠されていた人工物を「見つけやすかった」ものと「見つけにくかった」もので分けて
みました。小さいもの、周りに色や形が溶け込んでいるものはなかなか気づけませんでした。


自然界でも生き物たちは同じように隠れています。枯れ葉にそっくりなチョウチョや
花びらのような色をしたカマキリなど、天敵から身を守ったり、逆に捕まえようと
している相手から見つからないために周りに溶け込んでいるのです。

生き物探しのコツがちょっと分かったかな?


お昼ご飯を挟み、午後からはお楽しみの“生き物探し”です!
参加者にはたくさんの生き物が描かれたカードが配られました。

カードには鳥川に棲む生き物25種類が描かれていますが、よく見ると
全てのカードで配置が違います。そう!これはビンゴカードです。
ビンゴを目指して生き物探しをしていきましょう☆


少し歩くだけで様々な生き物が見つかっていきます。


バスの中で「虫は嫌い…」っていう子も結構いましたが、
大人も子どももみんな夢中になりました。


むしくんが大きな「モンキアゲハ」を捕まえました!
右は子どもたちが川辺の草の中で捕まえた大きな「ツチガエル」


さらに珍客「ニホンザル」まで出てきました!
ちょうど畑に麦がなっているのを群れで食べに来ていたようです。

鳥川ではよくある風景(当り前)ですが、まさか野生のサルに会えるとは
思っていなかったのでみんなおっかなビックリ!


最後は全員集合して、捕まえた生き物の解説や、今日は見つけられなかったけれど
鳥川で見ることのできる生き物の紹介をしてまとめとしました。

図鑑を眺めるだけではなかなか生き物の種類は覚えられませんが、自分で捕まえて
名前を調べたことは次からも見分けることができるようになります。


捕まえた生き物たちは自然に帰してあげて、アッという間の一日が終わりました。

今日だけでもホタルだけでなく里山の様々な生き物の生態について詳しくなれた
のではないかと思います。

そしてチアーズクラブでは9月下旬にもホタル学校に来て、今度は川の生き物探し
を体験する予定です。お楽しみに!


参加者の皆様、サポートいただいたイオンスタッフや保護者の皆様、
講師の自然・環境学習実践隊の皆様、誠にありがとうございました。


--------------------------------------------------------
撮影日  平成28年5月22日(日)
撮影場所 ホタル学校、鳥川ホタルの里(鳥川町)
投稿者  からさわ


ふたば 自然との共生を「ホタル」を通して考えましょう! ふたば
HP:http://www.morinoeki.jp/hotaru_gakkou/index.html



同じカテゴリー(鳥川ホタルの里(ホタル学校))の記事画像
冬空の下に広がる絶景!音羽富士トレッキング
「ホタル学校だより」第12号を発行しました!
カワニナの増殖と飼料開発のポイント
エコな「書道作品」展示中!
第2回「河合ホタルサミット」開催レポート
森と私たちの暮らしの関係を学ぶ!豊富小学校で出前授業を実施
同じカテゴリー(鳥川ホタルの里(ホタル学校))の記事
 冬空の下に広がる絶景!音羽富士トレッキング (2017-01-30 14:47)
 「ホタル学校だより」第12号を発行しました! (2017-01-29 11:05)
 カワニナの増殖と飼料開発のポイント (2017-01-28 07:42)
 エコな「書道作品」展示中! (2017-01-27 09:23)
 第2回「河合ホタルサミット」開催レポート (2017-01-26 14:47)
 森と私たちの暮らしの関係を学ぶ!豊富小学校で出前授業を実施 (2017-01-20 09:15)

Posted by 岡崎市環境部環境政策課 at 12:03 │鳥川ホタルの里(ホタル学校)