› 水とみどりの森の駅ブログ › 鳥川ホタルの里(ホタル学校) › 待ちに待った夏休み☆木の「虫かご」を作ったよ!

2016年08月03日

待ちに待った夏休み☆木の「虫かご」を作ったよ!


平成28年7月30日(土)、岡崎市ホタル学校で
木の虫かご作り教室を開催しました。

夏休みといえば虫捕り!
今回は木製の虫かごを自分で作ってしまおうという企画です。


講師は看板作りなどでおなじみの松本吉央(よしお)さんです。
市内外から19名の方が参加されました。


まずは松本さんの用意してくれた材料にイラストを描いていきます。

チョウやクワガタ、ホタル学校のマークなど、お気に入りのイラストを
カーボン紙で木に写します。


下絵が写せたら、電熱ペンで輪郭を焼きこんでいきます。
これは失敗できないので慎重に…慎重に…


輪郭が焼けたら、今度はアクリル絵の具で色を付けていきます。
登山道の看板作りで慣れているリピーターの方はさすがの出来栄えです!


続いては組み立てです。ビスや釘で箱を組み立てて、金網を張っていきます。

トントン!カンカン!

金槌の音がホタル学校の校庭まで響きます。


側面に金網が張れたら完成です!

入り口部分は木の板が上下にスライドするようになっていて、
捕まえた虫を入れられるようになっています。

戸がスムーズにスライドし、かつ、ゆるすぎないようにするには
微妙な幅の調整が必要ですが、松本さんが上手に加工してくれました。


さらにこの日は特別ゲストで「はっぱ先生」こと河江喜久代さん
(愛知植物の会所属)をお招きして草や葉っぱを使った
ネイチャークラフトを指導していただきました。

葉っぱで作るバッタや笛には大人も子どもも夢中です!


虫かごに中に葉っぱで作ったバッタを入れると、
これだけでも立派なインテリアになります。(本物みたいでしょ☆)


お昼を挟んで午後1時過ぎには全員ほぼ完成させることができました!

それぞれ素敵な虫かごが出来上がり、最後に記念撮影☆

小学生の皆さんはぜひ夏休みに虫を捕まえたら、この虫かごを
使って昆虫採集・観察などしてみてくださいね!


講師の松本さん・河江さん、ご参加くださった皆様、
本当にありがとうございました。


----------------------------------------------------------
撮影日  平成28年7月30日(土)
撮影場所 ホタル学校(鳥川町)
投稿者  からさわ


ふたば 自然との共生を「ホタル」を通して考えましょう! ふたば
HP:http://www.morinoeki.jp/hotaru_gakkou/index.html



同じカテゴリー(鳥川ホタルの里(ホタル学校))の記事画像
冬空の下に広がる絶景!音羽富士トレッキング
「ホタル学校だより」第12号を発行しました!
カワニナの増殖と飼料開発のポイント
エコな「書道作品」展示中!
第2回「河合ホタルサミット」開催レポート
森と私たちの暮らしの関係を学ぶ!豊富小学校で出前授業を実施
同じカテゴリー(鳥川ホタルの里(ホタル学校))の記事
 冬空の下に広がる絶景!音羽富士トレッキング (2017-01-30 14:47)
 「ホタル学校だより」第12号を発行しました! (2017-01-29 11:05)
 カワニナの増殖と飼料開発のポイント (2017-01-28 07:42)
 エコな「書道作品」展示中! (2017-01-27 09:23)
 第2回「河合ホタルサミット」開催レポート (2017-01-26 14:47)
 森と私たちの暮らしの関係を学ぶ!豊富小学校で出前授業を実施 (2017-01-20 09:15)

Posted by 岡崎市環境部環境政策課 at 09:38 │鳥川ホタルの里(ホタル学校)