› 水とみどりの森の駅ブログ › 鳥川ホタルの里(ホタル学校) › 「タカ柱」鳥川の空に出現!

2016年11月22日

「タカ柱」鳥川の空に出現!


平成28年11月16日(水)の午後4時ごろのことです。
ふと、空を見上げるとたくさんの鳥が舞っていました。

(黒い点は「鳥」です)


よ~く見ると「タカ(鷹)」のようです。30~40羽ほど飛んでます。


※「タカ柱」とは?
秋のタカの渡りの際などに上昇気流に乗って複数のタカが竜巻状に
旋回上昇をしている状態のことで、柱のように見えるのでこう呼ばれています。



望遠鏡で拡大してみると、差し詰め「サシバ」でしょうか?
(違っていたらごめんなさい)


もう、渡りの季節なのでしょう。
図鑑によると「夏鳥として渡来し、低山の林で繁殖し
秋には群れを作ってフィリッピンへ渡ります。
愛知県の伊良湖岬では大群が通るのが見られる。」
とのことです。
その一部が、鳥川の空に現れたのでしょう。


そういえば、山歩きをしていると時々タカの羽が落ちています。
鳥川の山でも繁殖していたのでしょうか。

「気を付けていってらしゃ~い!」


鳥川の山歩きはいろいろなものが見れて楽しいですよ☆
登山道の案内看板もしっかり設置されているので安心です。

雑木の紅葉も渋くて素敵です。
ホタル学校でマップ差し上げています。


--------------------------------------------
撮影日  平成28年11月16日(水)
撮影場所 鳥川ホタルの里(鳥川町)
投稿者  かみや


ふたば 自然との共生を「ホタル」を通して考えましょう! ふたば
HP:http://www.morinoeki.jp/hotaru_gakkou/index.html



同じカテゴリー(鳥川ホタルの里(ホタル学校))の記事画像
冬空の下に広がる絶景!音羽富士トレッキング
「ホタル学校だより」第12号を発行しました!
カワニナの増殖と飼料開発のポイント
エコな「書道作品」展示中!
第2回「河合ホタルサミット」開催レポート
森と私たちの暮らしの関係を学ぶ!豊富小学校で出前授業を実施
同じカテゴリー(鳥川ホタルの里(ホタル学校))の記事
 冬空の下に広がる絶景!音羽富士トレッキング (2017-01-30 14:47)
 「ホタル学校だより」第12号を発行しました! (2017-01-29 11:05)
 カワニナの増殖と飼料開発のポイント (2017-01-28 07:42)
 エコな「書道作品」展示中! (2017-01-27 09:23)
 第2回「河合ホタルサミット」開催レポート (2017-01-26 14:47)
 森と私たちの暮らしの関係を学ぶ!豊富小学校で出前授業を実施 (2017-01-20 09:15)

Posted by 岡崎市環境部環境政策課 at 08:37 │鳥川ホタルの里(ホタル学校)