› 水とみどりの森の駅ブログ › 2014年01月14日

2014年01月14日

炭材の中から「オオスズメバチ」を見つけました!


平成26年1月11日(土)、おかざき自然体験の森の炭焼きの会の方々が、八ツ木窯で焼く炭の材を作るために、太いコナラの木を薪割り機で割りました。

一番左の屋根の下のこんもりした半円形が八ツ木窯です。こんなにたくさんの木が一度に入ってしまうとは、改めてずいぶん大きい窯だなぁと思いました。


そんなことを思いながらよ~く見てみると、割った木に洞が開いています。そんな洞の中の一つから、炭焼きの会の方が越冬している「オオスズメバチ」を見つけました。オオスズメバチの女王蜂は、2か所で見つかりました。また、他の洞からはカミキリムシの幼虫などもいくつか見つかりました。


これが、越冬していたオオスズメバチの女王蜂です。マッチ棒(5cm)より大きいのにはびっくりです。越冬した女王蜂が、春になると働き蜂をたくさん産んで、おかざき自然体験の森の中に大きな巣を作ってしまうと大変危険なので、駆除することにしました。


今回捕獲したオオスズメバチは瓶に入れて、しばらく管理棟の受付窓口に展示して、来園者に見ていただけるようにしてあります。来園のおりには、ぜひオオスズメバチ(女王蜂)をじっくり観察してみてください。


◆スズメバチの巣、ミツバチの分蜂(ぶんぽう)を発見した場合、ご自身での駆除・撤去は大変危険ですので、「岡崎市動物総合センター・Animo(あにも)」までご連絡ください。市から委託を受けた専門家が駆除に伺います。(アシナガバチは対象外)

電話番号:0564-27-0444(Animo)
詳しくはこちら → http://www.city.okazaki.aichi.jp/100/128/141/p005966.html




撮影日  平成26年1月11日(木)
撮影場所 おかざき自然体験の森(八ツ木町)にて
投稿者  あだち


ふたばこの森まるごと自然体験フィールドふたば
あなたも感じてみませんか『五感のワンダーランド』
HP:http://www.sizentaiken.jp/  


Posted by 岡崎市環境部環境政策課 at 11:20おかざき自然体験の森