› 水とみどりの森の駅ブログ › 鳥川ホタルの里(ホタル学校) › 「ホタルガイドツアー」参加者募集中!

2013年06月10日

「ホタルガイドツアー」参加者募集中!


岡崎市鳥川町にある「ホタル学校」で、ホタルガイドツアー(2回)を開催いたします。天然のゲンジボタルがたくさん生息している鳥川(とりかわ)町は、例年6月中旬が見ごろですが、今年は少し発生が遅いようです。しかし、日に日にホタルの数は増えていますので、これからが楽しみです。

上の写真は、昨年度のホタルガイドツアーの様子です。いきなり外に出てホタルを見るのではなく、まずはホタル学校で「ホタルクイズ」に挑戦し、ホタルについての知識を深めます。


クイズのあとは、ホタル学校の展示物を見学しながら、クイズで出題された内容のことや、ホタルのこと全般をしっかり楽しみながら学んでいきます。


こちらは展示室「ホタル教室1」です。「ホタルってどういう生き物?」「ホタルはなぜ光るの?」などなど、各テーマにそってホタルの不思議な謎が紹介されています。また、ホタルの標本や、サナギの時に幼虫が作る「土まゆ」の標本なども多数展示されており、普段、目にすることができない標本がありますので、ぜひ一度、じっくり見ていただきたいと思います。


ここで一つ「ゲンジボタル」の特徴をお教えします。ゲンジボタルは日本固有のホタルで、日本以外には生息していません。日本には50種類のホタルが確認されていますが、その中でもっとも大きく、もっとも強い光を発します。(世界には約2000種類のホタルがいます)

幼虫時代は水の中で過ごし、淡水の巻貝「カワニナ」を主食としている肉食ですが、実は成虫になると、葉っぱなどについた「夜つゆ」を飲むだけで、他には何も食べません。幼虫時代に蓄えたエネルギーをフル活用して1週間~10日の短い命を一生懸命輝かせて子孫を残すのです。

成虫の特徴は、何と言っても赤い「胸」にある十字模様!もし、ホタルがご自分のところに飛んできたら、そっとつかんでよく見てみてください。(あまり強く握ると死んでしまいますので注意!また、市の天然記念物に指定されているため捕獲・採集して持ち帰る行為は禁止です。)


もうすぐ写真のようなホタルの乱舞する光景が見られることと思います。今年のピークは6月20日前後ではないかと思われますが、日々、地元「鳥川ホタル保存会」の係の方が飛翔数を数え、ホームページで公開していますので、そちらをチェックしてお越しいただければと思います。

★ほたる情報:http://www.morinoeki.jp/hotaru_20.html


この素晴らしいホタルが舞う自然環境をいつまでも残していくための方法も、この機会にご一緒にお考えいただければ幸いです。ぜひ「ホタルガイドツアー」にご参加ください!



[ホタルガイドツアー]
・平成25年6月11日(火) 19時~20時30分 (雨天中止) 定員20名
・平成25年6月20日(木) 19時~20時30分 (雨天中止) 定員20名

会場:岡崎市ホタル学校(岡崎市鳥川町字小デノ沢5-1)
申込:TEL0564-82-3027
※ホームページ:http://www.morinoeki.jp/hotaru_gakkou/index.html



同じカテゴリー(鳥川ホタルの里(ホタル学校))の記事画像
冬空の下に広がる絶景!音羽富士トレッキング
「ホタル学校だより」第12号を発行しました!
カワニナの増殖と飼料開発のポイント
エコな「書道作品」展示中!
第2回「河合ホタルサミット」開催レポート
森と私たちの暮らしの関係を学ぶ!豊富小学校で出前授業を実施
同じカテゴリー(鳥川ホタルの里(ホタル学校))の記事
 冬空の下に広がる絶景!音羽富士トレッキング (2017-01-30 14:47)
 「ホタル学校だより」第12号を発行しました! (2017-01-29 11:05)
 カワニナの増殖と飼料開発のポイント (2017-01-28 07:42)
 エコな「書道作品」展示中! (2017-01-27 09:23)
 第2回「河合ホタルサミット」開催レポート (2017-01-26 14:47)
 森と私たちの暮らしの関係を学ぶ!豊富小学校で出前授業を実施 (2017-01-20 09:15)

Posted by 岡崎市環境部環境政策課 at 10:24 │鳥川ホタルの里(ホタル学校)