› 水とみどりの森の駅ブログ › 鳥川ホタルの里(ホタル学校) › 子どもたちの力作!石で作った「ホタル」

2013年11月27日

子どもたちの力作!石で作った「ホタル」

地元「豊富(とよとみ)小学校」の2年生のお友達が、「おかざきっ子展」用に石の作品を制作しました。そのうちの5人のお友達が「ホタル」をテーマに素晴らしい作品を作り、担任の先生のご提案でホタル学校に展示することになりました!

2年生のみんなは、今年の6月5日にホタル学校に遊びに来てくれました。(環境教室を実施)ホタルをはじめ、身近な生き物や自然を大切に思う気持ちがしっかりと育まれていることと思います。

5つの作品の写真と一緒に本人のコメントもご紹介します。どれも力作ぞろいで、石選びや色塗などの難しさがよく伝わってきます。ぜひご覧ください。また、ホタル学校にお越しの際は、ぜひ実物をご覧いただければと思います。


◆タイトル「鳥川のたから ホタル」 平野 りん音 さん
◆コメント「はねをぬるときに、下にいろいろな色をぬって、上から黒をぬって、紙やすりでこすって線を引いてカラフルにしました。」


◆タイトル「ふるさとのホタルとカワニナ」 今泉 あゆの さん
◆コメント「川の中であるくカワニナと、夜空でとぶホタルを作りました。十字をかいて、ゲンジボタルにしました。」


◆タイトル「きらきら光ってかがやくホタル」 崎田 ゆきな さん
◆コメント「ホタルの体をにじ色にしました。草の色を黄みどりとみどりをまぜてぬりました。」


◆タイトル「ふたごのホタル」 柴崎 あゆみ さん
◆コメント「ホタルの形をくうふしました。赤色とくろ色で色をぬりました。ボンドで石をくっつけるところがむずかしかったです。」


◆タイトル「夜空をたびする親子ホタル」 武田 ゆな さん
◆コメント「ホタルの黄色い色をくふうしてぬりました。ホタルの体とかおをくふうして作りました。」


どの作品もホタルの特徴がよく表現されていますね。背景が青色(水色)で、ホタルの生息環境もしっかりと表されていて、躍動感あふれる作品に仕上がっています。なんといっても「石」選びはとても難しかったことと思います。



撮影日  平成25年11月26日(火)
撮影場所 ホタル学校(鳥川町)にて
投稿者  やまのうち


ふたば 自然との共生を「ホタル」を通して考えましょう! ふたば



同じカテゴリー(鳥川ホタルの里(ホタル学校))の記事画像
冬空の下に広がる絶景!音羽富士トレッキング
「ホタル学校だより」第12号を発行しました!
カワニナの増殖と飼料開発のポイント
エコな「書道作品」展示中!
第2回「河合ホタルサミット」開催レポート
森と私たちの暮らしの関係を学ぶ!豊富小学校で出前授業を実施
同じカテゴリー(鳥川ホタルの里(ホタル学校))の記事
 冬空の下に広がる絶景!音羽富士トレッキング (2017-01-30 14:47)
 「ホタル学校だより」第12号を発行しました! (2017-01-29 11:05)
 カワニナの増殖と飼料開発のポイント (2017-01-28 07:42)
 エコな「書道作品」展示中! (2017-01-27 09:23)
 第2回「河合ホタルサミット」開催レポート (2017-01-26 14:47)
 森と私たちの暮らしの関係を学ぶ!豊富小学校で出前授業を実施 (2017-01-20 09:15)

Posted by 岡崎市環境部環境政策課 at 11:16 │鳥川ホタルの里(ホタル学校)